スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

しゅ~(2011-09-02)

 2012-08-30
前日、鋤さんが言った、「次は村やん・・・」
の言葉を見事に体現してしまった・・・

幸いタイヤにもダメージは少なく、パンク修理はほどなく
終えるも、どうにもやり切れない、モヤモヤしたものが
残ってしまった。

気を取り直し、再出発した後、少々血が上った頭を冷やすべく、
練習モードにスイッチして、しばらくガンガン踏み倒した。

5㎞か10㎞か・・・どのくらい走ったか分からないが
ようやく頭の血が身体に巡って落ち着いたので、停車
すると今井店長はいるが、鋤さんの姿がない・・・

待つこと20分・・・
相変わらずのサイクリングモードで鋤さん到着。

合流後、もうしばらく休憩してから再スタート。
そして本来のサイクリングを再開。

サイクリングロードの看板を当てに進むも、途中
途切れ途切れで少々迷いつつ進んでいくと、怪しい
雲が広がってきた。

気にしないようにしても、じきに雨がぱらつき始める。
しかし住宅街の真っ只中で雨宿りできそうな場所
がない・・・

いよいよ降ってくるぞ、という直前に見つけた
アパートの駐輪場らしき屋根の下に避難。

その直後に猛烈なゲリラ豪雨が・・・
通り雨のようで、20分もするとすっかり止んだが
しかし激しい降り方しまんなぁ・・・

雨上がりを確認して再出発。
なるべく水たまりは避けて走っていく。
跳ね上げで、ケツから背中までドロドロになっちゃう
からね。

前方にコンビニを見つけ、休憩しようと車道から歩道に
段差を乗り上げようとした時、前輪がツルンッ。

肩口からスッテーン、っとコケた。
今回チャリのダメージは少ないが、身体を打ち付けた。

本日2度目の不運・・・
2人の分まで背負っちゃったか!?
無事に帰りつけるのか・・・?
なんて不安もよぎりつつ・・・

コンビニ入口で危ないので、すかさず立ち上がり何事も
なかったように走り出した。

そんな後だけに、そこからは慎重に進み、やがて
スタート地点のコインパーキングに辿り着いた。

ゴール地点で、皆とハイタッチして互いの健闘を湛える。
やっぱり完走後は感慨もひとしおだ。

宿から約70㎞。
総距離 約190㎞。

念願の琵琶湖1周 達成!やったー!
スポンサーサイト

いっ(2011-09-02)

 2012-08-30
早めに寝ついたおかげで、6時に目覚め朝風呂をいただく。

7時~朝食の時間なので、2人を起こしてダイニングへ。

朝食もガッツリいただき・・・のはずが、一人食が進まない
今井店長。

聞けば、誰ぞのイビキでなかなか寝つけなかったらしく・・・
自分か鋤さんか・・・

ごめんね、今井店長。
ま、先に寝たもん勝ちってことで。

準備を整え、他のお客さんが朝食を摂っているのを横目に
8時半に出発した。

宿は少し内陸にあったので、サイクリングロードから再び
湖岸に向かう。

残るルートは疑う余地もなく、ひたすら平地のはず。
この企画はサイクリングだから、それでいいのだ。

涼しい時間帯で、水辺を走っていることもあって
とても気持ちいい。

ひと気のない野鳥観測センターの横を通り過ぎようとした時、
鋤さんが興味を示し、ちょっと立ち寄ることに・・・

チャリを降りて歩いてる鋤さんの横を、歩く速度で並走
してた時、いきなり前輪がロック。

とっさにビンディングを外して出した右足の着地点に、
あるはずの地面がなく、チャリ共々ひっくり返る。

それと同時に「バアァーン!!」と爆発音。

背中から転げたが、リュックのおかげでダメージは少なく
すんだ。

何が起こったか分からず、確認すると・・・

側溝のフタとその隙間にちょうどタイヤがガッチリ食い込み、
倒れる時にホイールからタイヤがめくれる形でバースト。

ってことのようだ。
ホイールは曲がりこそしなかったが、一部が削れてるやん!

ガァーーーーーン!

こっ(2011-08-31)

 2012-08-30
右手にカインズホームが見えてきたので、そこでランチタイムに。
最近のこういう場所は異様にデカいねぇ。

フードコートもショッピングセンター並みに広い。
いろいろ目移りするけど、自分と鋤さんはラーメン。
今井店長は広島焼き風のやきそば。

ラーメンは、スープはいけるが麺がコシも取り柄もない感じ。
まぁ、旨さがまとまってれば店構えてるよね。

今井店長の広島焼き風のやきそばを一口つまむと、これがんまい!
これは旨さがまとまって、ごーかーく!

店の名前聞いたけど忘れちった・・・
次に見かけたら、間違いなく行く・・・かも(^^;

1時間も休んでたら眠くなってきたので、ソロソロしゅっぱーつ!

ここまでくれば、宿までは残りわずか。
ずっと湖岸沿いの平坦な道のりで、この先もそうかと思うと
少し物足りない気もするけど・・・

と安気に構えてたら、ちょうど湖北の折り返しにあたる地点から
先が見通せる長~い上りが現れた。

ちょっと得した気分。

ここを上り終えると、もう宿まであと一歩。
ナビを頼りに(鋤さんの車載ナビが取り外して持ち運びできるのだ)
宿に向かうが、どんどん人気のない田舎に入ってナビも当てにならない
状況に・・・

そのうちに雨もパラついてきたが、民家が立ち並ぶ集落のど真ん中に
目的地のペンションを発見。

PM5時。
暗くなる前に到着できたし、天気ももってくれた。

ここまでおよそ120㎞。
距離は想定以上に伸びた。
けど、翌日の残りが少なければ、車での帰りが楽になる。

ペンションだけに大浴場はなく、家族風呂のようなサイズだけど
男3人裸の付き合いでまとめてサッパリ。

汗を流したあとは、ステーキのコース料理を堪能。
腹いっぱいになった。

さぁ、あとは明日に備えて寝るだけだー!

わ~(2011-08-25)

 2012-08-18
琵琶湖南端から湖岸沿いに北上ルートを辿る。
コンビニを見つけて補給食などの補充に立ち寄る。

すると、そこで水道を借りて爆弾処理している鋤さんが、

「さっき歩道を歩いとった人、すげーキレイだった!」

と興奮冷めやらぬ感じで熱く語ってくる。

自分は見ていないので、半信半疑で聞いてるとレジのお姉さんもまた
とてもキレイなことに気付く。

「あの人もキレイだよ」と言うと「あんなの目じゃないよ」
と鋤さん。

そんな話のあと、コンビニを後にして先をめざす。
いつしか空もすっかり晴天モードに。

雨のおかげで日が照り始めても、気持ちよ~く流していける。

コンビニでの話のおかげか、目にする女性が皆キレイに見えるように
なってきた・・・

彦根に差し掛かり、ルートが街中に入ってきたところで
再びコンビニで休憩。

いや~気持ちよく走れたねぇ。
と言いかけたとこで振り返るとそこには汗だくの鋤さん。

「あっち~、たまらん!」

自分と今井店長は涼しい顔だけどね・・・。

コンビニでは再び、キレイな女性の話が再燃。
結果、ここらはキレイな女性が多い地域なんだという結論に。

十分に休憩して再出発し、やがて彦根を過ぎ長浜に差し掛かる。
ここらで昼休憩といたしましょう。

スタートして、ここまでおよそ65㎞。
なかなかいいペースで進んできたのであった。

び~!(2011-08-25 )

 2012-08-17
去る8/15、16の盆休みで、今井店長・鋤さんの3人で琵琶湖1周ツーリングへ行ってきた。

大津まで車で出向いてコインパーキングに駐車し、ここを起点にスタート。
ただ、スタート直後から小降りの雨が・・・
これまで晴天続きだったのに、ここにきてこの空模様とは。
今井店長、自称「晴れ男」なのにな・・・

まぁちょっと涼しいくらいでいいか、なんて思ってたら近江大橋辺りで本降りに。
仕方ないので、近くのマック(地域語ならマクド)で雨宿り。

モーニングセットを食べ終わった頃、ちょうど雨も上がり再出発。
マックを後にした直後、後ろで「ガシャン!」と。

振り返ると今井店長がコケてる。
ちょうど駐車場に入ろうとしてる車と重なって見えたので、

(ヤバい、引っ掛けられた!)

と思い慌てて駆け寄ったが、今井店長何でもなかったように立ち上がり、車もそのまま
行ってしまう。

???

事情を聞くと、今井店長単独で滑ってコケただけらしく・・・
ロードは少し雨が降った後の路面では、ホント滑りやすいんだよね。
経験者はかく語る。

幸いチャリも身体もほとんどダメージはなく、一安心している横で、「うわぁっ!」
と鋤さんが叫ぶ。

見るとメットとジャージに白っぽい模様が・・・
ちょうど真上の電線に留まってたカラスの爆弾を被弾したらしい。

すると鋤さん、爆弾をフキフキしつつ、ボソリと。

「2人してついてない・・・次は村やんだな」

な、何言っちゃってるんスか!んな訳ないっしょ。はははは・・・・
一抹の不安が着いて回るハメに・・・
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。